待ちに待ったiBookの登場です。Macintosh発表以来、アップルは常に、それまでのコンピュータの持つ固定観念をくつがえしてきました。人々の「!」という表情が大好きというジョブズ氏の今回の楽しいたくらみはどんなものなのでしょう。iMacを彷佛とさせる丸みを帯びたスケルトンデザイン。コンシューマ向けとターゲットをしぼったコストパフォーマンス。しかし、iBookの魅力は何と言っても、ワイヤレスでネットワークにアクセスできるというその身軽さにあります。コンピュータと人間の関係はもっともっと自由になれるのです。今回は、まだ手もとに来るまでにもう少しかかるiBookの全貌とその可能性に迫ります。