Link Club Newsletter 2008.9/Vol.159

リンククラブの発行する「リンククラブニューズレター」より、一部の記事をweb上でお読み頂けます。毎月更新!

ニューズレター表紙画像 【 →バックナンバーを見る 】

デジタル進化論 ロボット放送が、やってきた! スピーシーズ株式会社

人型をしてリアルな動きや成果をあげる精妙な 装置?
意のままに動かせるペット感覚のマシン?
高度化する開発技術があるいっぽうで、マニア以外 のニーズはまだまだ未成熟という、いまロボット の世界はまさに過渡期にある。そんな中、新たに 「ロボット放送」という概念を掲げ、ビジネス展開 を果敢に試みる人々がいる。家庭で楽しめるコン シューマー向け低価格ロボットに情熱を注ぐ スピーシーズ株式会社を取材した。

関係性の未来 aH(アッハ)が世界を救う!! 関西大学社会学部教授 木村洋二さん

“笑う門には福来る” 笑いの効用についてはいろいろなことが言われている。 健康にいい。免疫力が上がる。 人間関係がスムーズになる。ストレスが解消される、など。 しかし、その効用を科学的および 社会学的見地で研究している人は珍しいのではないだろうか。 関西大学社会学部教授の木村洋二さんがその人だ。 30年ほど前、死ぬほど笑う経験をして以来、 笑いというものに取り憑かれて研究を続けた結果が、 ようやく実を結びつつある。 その木村さんが語る、笑いのメカニズムと測定法、 そして、その意味と意義──。

A WAY OF LIFE デーケン先生、死生学について教えてください アルフォンス・デーケンさん

日本で「死生学」という学問を根づかせた カトリック神父がいる。 その人の名は、 アルフォンス・デーケンさん。 妹の死や戦争によって遭遇した過酷な試練を 経て、信仰に生きることを決めたアルフォンス 青年は、長じて日本に赴き、「死の哲学」を はじめ「死への準備教育」、「悲嘆ケア」、あるいは 終ターミナルケア末期医療やホスピスをテーマにして、 さまざまな教育、周知活動に携わってきた。 誰もが避けられない「死」に対して、 デーケンさんは どのように向き合っているのだろうか。

日本吉を紡ぐ 血沸き、肉躍る、男の着物。誉田屋源兵衛の「傾奇者達之系譜」。 .誉田屋源兵衛代表.山口源兵衛さん

巷で大きな話題を集めている着物がある。 日本ファッションウィーク で発表されたその作品を現代風に表現すると、男気とロックンロールの風情。そこ には「婆娑羅」「傾奇」「粋」と、日本に連綿と続く傾奇者のDNAが宿っている。 老舗帯問屋の10代目、誉田屋こと山口源兵衛さんを京都に訪ねた。

2006年7月号より、紙面をそのままお楽しみいただけるよう、PDFファイルにてお届けいたします!
PDFファイルが閲覧できない方は、最新のAdobe Readerをご利用ください。 Adobe Readerをダウンロードする

→Linkclubの各種サービスのご案内はこちら linkclub