「ホームページをダイナミックに」

「動く」Webページをプログラミングする方法もある
 一方、プログラミング的な手段を用いて、Webページに動的な仕掛けを施すという方法もある。
 たとえば最近多くの個人ページでも見かけるようになった掲示板は、CGIという仕組みを使っているのだが、このCGIとはCommon Gateway Interfaceの略。サーバ上に置かれたCGIプログラムと呼ばれるプログラムをWebブラウザから呼び出したり、HTMLファイル上からなんらかの処理を行わせる仕組みのことである。
 掲示板ならユーザがWebページ上でメッセージを書き込み送信ボタンを押すと、そのメッセージが一旦WebブラウザからWebサーバ上の掲示板作成CGIプログラムに送られ、これまでのメッセージが記述されたHTMLファイルに新しく書き込まれたメッセージを追加する処理を加えたのち、再びWebブラウザに送られ表示されるという仕掛けになっている。こうしたCGIを利用するには、HTMLファイルのほかにCGIプログラムを用意するほか、Webサーバ自体がCGIをサポートしている必要がある。最近ではプロバイダのサービスの一環として、掲示板やチャット、あるいはアクセスカウンタなどのCGIプログラムを備え、CGIに対応したWebサーバを用意しているところも多いから、ユーザにとってみれば、これまで作ってきたHTMLファイルにCGIを利用するためのちょっとした記述を加えるだけで、活用することも可能な環境が整いつつあるといえる。ちなみにCGIを用いたWebページを利用するには、WebブラウザだけでOK。上述したプラグインのような、機能拡張を別途用意する必要はない。
 そのほかにも、HTMLの記述にJava Scriptと呼ばれるソースコードを書き加え、Webページに動的な効果を与えるという方法もある。
 Java Scriptは米ネットスケープ・コミュニケーションズ社が開発した言語で、HTMLファイル上に直接記述したソースコードだけでHTMLにはない動的な要素を付け加えることができる。従って、プラグインを利用する方法や上記したCGI、後述するJavaのようにHTMLファイル以外のファイルを用意する必要がないのが特徴。もちろん、画像ファイルを呼び出してスライドショー的に連続表示したり、簡単なアニメーションを再生するなども行える。
 ちなみに今挙げた2つの例は、Java Scriptの使い方のほんの一例。上述したようにJava Scriptは一種のプログラミング言語なので、できることに基本的に制限はない(得手不得手はあるが)。従って、自由度が高いということになるが、反面、ユーザの中でやりたいことがはっきりしていないと、具体的なことはなにもできないということでもある。
 米サン・マイクロシステムズ社が開発したプログラミング言語であるJava(上のJava Scriptと混同しがちなので注意)を使って開発されたアプリケーション(実行プログラム)である、いわゆるJavaアプレットを利用するのも、Webページに動的な要素を付け加える代表的な手段のひとつだ。
 この場合も、まずJavaアプレットを開発し、それをWebページ上で利用するためのタグをHTMLファイルに記述するという形になるが、Javaアプレットを開発するには、アップルコンピュータが提供するJava開発環境であるMRJ SDKが必要になるなど、CGIやJava Script以上にプログラミングの心得がないとかなり敷居は高い。だが、単にアニメーションなどを再生するだけでなく、プログラミングの腕次第ではゲームをはじめとするありとあらゆるインタラクティブな仕掛けをWebページ上に施すことができるので、時間と根気のある(そしてプログラミングに適性のある)人なら、挑戦してみる価値はあるだろう。
 なお、JavaアプレットやJava Scriptを使ったWebページを利用するには、JavaやJava Script対応のWebブラウザを用い、初期設定でそれらを有効にしておく必要がある。
 そのほかにも、従来のHTMLを拡張してよりダイナミックで表現力の高いWebページを作成できるダイナミックHTMLなどの手段があるが、上記したCGIやJava Script、Javaアプレットなどと並んで専門書も多数出ているので、夏休みなどにちょっとした時間の取れる人は、この機会にトライしてみるのも面白いかもしれない。

マクロメディアのweb

トップに戻る I 前のページへ